1 趣 旨
理科の実験、観察に関する研修を行い、基礎的な実験・実習技術の向上と指導力の充実を図る。

2 主 催(主 管)
富山県教育委員会(富山県総合教育センター科学情報部)

3 期日・会場
平成29年10月11日(水)、12日(木) 富山県総合教育センター2F

4 受講者
理科担当実習教諭、実習助手(公、私)

5 日程・内容
1日目:午前 生物分野 午後 地学分野
2日目:午前 物理分野 午後 化学分野

6 平成28年度(昨年度)の研修紹介
(1) 主な研修の内容

【物理分野】
・とやま科学オリンピック2016(回転エネルギー)
・鏡の反射(万華鏡の科学)

【化学分野】
・試験管に雪を降らせよう
・水の沸騰する温度を測定しよう
・硫黄の同素体
・とやま科学オリンピック2014・2015問題より

【生物分野】
・細胞内の核酸(DNA, RNA)の分布の確認
・体細胞分裂及び染色体の観察方法
・バナナを使ったDNAの抽出
【地学分野】
・微化石による古環境解析

(2) 研修の様子
 
     物理         化学         生物         地学

(3) 受講者の感想・要望
・ とやま科学オリンピックの内容を知ることができてよかった。(5)
・どの科目も説明がわかりやすかった。すぐにやってみたいことがたくさんあった。(3)
・毎年、違うテーマでよく考えられており、とても楽しく実習でき、ありがとうございます。(3)
・実際の授業や課題研究、科学部の活動にも生かせそうな内容が多く、ありがたいです。(5)
・採用後、初めての研修で情報交換ができ、こんなにたくさんの方がおられることに気づかされ、また明日から頑張ろうという 気持ちになりました。(3)
・体細胞分裂のDNA抽出は学校で広めたい。物づくりも楽しかった。
・安価でできる実験の工夫はありがたい。
・小中学校の分野でも良い実験を紹介していただき、参考になりました。
・今までに使用したことのない薬品や器具の活用があり、今後活用してみたいと思った。
・なじみのある実験操作が多かったが、視点を変えたり、試薬を変えたりと工夫されており、新鮮で楽しい実習になりました。