1 趣旨
実験や観察について研修を行い、基礎的な技能の向上を図る。

2 主催(主管)
富山県教育委員会(富山県総合教育センター科学情報部)

3 期日・会場
①7月26日(木) ②7月27日(金) 富山県総合教育センター
   ※半日ずつ理科の分野別の各テーマについて研修します。
   1日のみ(または半日のみ)の受講も可能です。

4 受講対象者
小学校・特別支援学校教員

5 内容(予定) 
A区分 エネルギー
 電気、思った通りにならない場合がある実験、もの作りへの応用 
A区分 物質
 物質の体積と温度、もののとけ方、水溶液の性質 
B区分 生命
 植物や昆虫の観察、呼吸による二酸化炭素の検出、緑色植物の光合成と呼吸、
 水中微生物の観察、にぼしの解剖 
B区分 地球
 火山のモデル実験、月の満ち欠け補助教材の作成、有孔虫の観察

6 日程(受付は研修開始30分前から)
① 7月26日(木) 9:30~16:30  エネルギー 、 物質
② 7月27日(金) 9:30~16:30  生命、地球

H29年度の様子
   

7 受講者の感想
(研修直後)
・支援級担当なので、楽しく学べるように、観察・実験を取り入れて指導したいと思います。
・学年別で内容を設定してもらえると、本当に必要なものを学べて安心です。
・支援学校からの異動で、今まで理科を指導したことがなかったので、たいへん助かる研修でした。
・初めて理解できた実験もありました。ものづくりだけでなく授業での生かし方も教えていただけたので、今後の授業で使っていきたいです。
・今まで無知なまま理科の授業をしてきたことを実感するとともに、新しい教材を知り、理科の面白さを改めて実感することができました。

(3ヶ月後)
・水を必ず100℃で沸騰させる方法を実践的に教えていただき、授業で役だった。
・教材開発をする上で、研修で提示された教材や活用方法がたいへん参考になった。
・実際に実験での誤差が出ても、子供に問うたり、誤差の出る根拠を話せるようになった。
・水を加熱する実験で、温度計の扱いをアドバイスすることができた。
・電気の実験等を活用することができた。
・製作したものを授業で使い、子供の学習意欲や理解に役立てた。
・危機管理に目が行くようになった。事前準備をしっかりするようになった。
・実験するときの注意点や器具の取り扱いなど、自分でできたことがよかった。
・実験クラブのネタとして使った。電池の扱い方を指導する際に活用した。