1 趣旨
 自然観察に関する研修を行い、指導力の向上を図る。

2 主催(主管)
 富山県教育委員会(富山県総合教育センター科学情報部・市町教育センター)

3 期日・会場
〔入門コース]
 ●   6月 6日(水) 入善町会場(午後半日)
   ●   7月31日(火) 上市町会場(全日)
   ● 9月28日(金) 砺波市会場(午後半日)
〔中級コース〕
   ● 8月22日(水) 高岡市会場(全日)
  ※ どの地区の研修でも参加可能です。また、夏季休業中の研修は半日だけの受講も可能です。

4 受講対象
 教員(小学校・中学校・特別支援学校)

5 内容
 ・身近な地域の土地や川の様子の観察、地層・岩石の観察
 ・身近に見られる植物・動物の観察

昨年度の研修の様子

学校周辺の植物の観察

水性昆虫の観察

川の流れの観察

地層の観察

 

受講者の感想
(生物)
○植物の分類が全くわからないが、子供と一緒に葉の形や似ているところなど、基準を決めて分類する作業は楽しそうだ。
○山、川にどのような植物があるのかが分かった。また、校区付近の植生について知ることができ、自分でも図鑑を使って調べていこうと思った。
○実物に触れられたこともよかったが、身近によい教材があると知ったことが大きな収穫だった。  
(地学)
○実際の地層のスケールの大きさに驚いた。子供たちにもぜひ見せたい。
○身の回りの石を大まかに分類する視点が持てました。大きな露頭を見ると、地球の歴史を想像させる迫力がありました。
○地層や岩石の野外での活動について実践できたので、学校で実習できるイメージがわいた。