小学校・中学校・特別支援学校の教員を対象とした自然観察を、入門コースと中級コースで実施いたします。平成27年度は、入門コースは砺波市、高岡市、上市町、中級コースは魚津市が会場です。1学期と2学期に実施する入門コースの日程については、先生方が参加しやすいように午後半日で実施いたします。期日は、次のようになっています。

〔入門コース]
● 6月 3日(水) 砺波市会場(午後半日)
● 8月21日(金) 高岡市会場(全日)
●10月16日(金) 上市町会場(午後半日)
〔中級コース〕
● 7月27日(月) 魚津市会場(全日)
※どの地区の研修でも参加可能です。また、夏季休業中の研修については半日だけの受講も可能です。ぜひご参加ください。

H26年度 研修の様子

H26年度 受講者の感想
[生物]
○学校の敷地内や周辺で植物や昆虫が観察することができ、実践的内容で活用しやすい。テキストもよくできていて学校で実際に使えそうだ。
○ルーペで見る花は全く異なる植物の世界を見ているようで興味深かった。話の中で見る観点を教えてもらい、今後観察したり子供たちに教えたりするときに役立つと思う。
[地学]
○地層の見るべきポイント、剥ぎ取り標本の作り方、石の割り方など分かりやすかった。これからの教科指導に生かしていきたい。
○見事な地層で驚いた。校区の観察場所、観察器具やその使い方について研修できた。授業に活用したい。
○5・6年での川の流れや堆積の学習で生かしたいと思うことが多くあった。砂鉄を採取したり砂をルーペで拡大して見ることは、子供たちも興味・関心がわくと思う。