(研修会番号39:平成30年度学校カウンセリング講座)

研修概要

第1回 平成30年8月1日(水)

午前 講義・演習  「学級で行うソーシャルスキル・トレーニング」
担当 教育相談部研究主事等

午後 講義「人間関係づくり―アサーション・トレーニングを中心に―」
講師 埼玉大学 教授 沢崎俊之 氏

 第1回は、午前中、学級の児童生徒の気になる行動について整理し、学級全体の状況や児童生徒の個々の実態を捉えることで、必要な手立てを検討する演習を行いました。午後からは、講師の沢崎先生から「人間関係づくり―アサーション・トレーニングを中心に―」と題して講義いただきました。受講者からは「ふだん、教員でもアサーティブな言動を忘れがちになることを再認識した。お互いに意識し合えると、円滑なやりとりにつながると感じた」という感想がありました。

 

 

 

 

 

 

 

第2回 平成30年9月19日(水)

午前 講義「人間関係づくり―心を育てるグループワーク~楽しむことから始めよう~-」
講師 茨城大学 教授 正保春彦 氏

午後 講義・演習  「対人関係ゲームの理論と展開」
担当 教育相談部研究主事等

 第2回は、講師の正保先生から「人間関係づくり―心を育てるグループワーク~楽しむことから始めよう~―」と題し、人と人とをつなぐコミュニケーションワークの展開について講義いただき、午後からは、「対人関係ゲームの理論と展開」についての演習を行いました。受講者からは「参加している先生方とどんどん仲良くなっていくのを肌で感じることができた。このように、心が通い合ったと感じられるような体験をぜひ子供たちにも味わわせたい」「学級の見立てが大前提にあり、子供たちに培いたい力を考えてゲームの内容を練ることの大切さを学んだ」という感想がありました。