1 趣 旨
  外国人児童生徒に対する適応指導、日本語指導、教科指導等について研修を行い、指導力の向上を図るとともに、国際理解教育の実践に資する。

2 主 催(主管)
  富山県教育委員会(富山県総合教育センター 教育研修部)

3 受講者
  小学校・中学校・高等学校・特別支援学校教員  22名

4 日 時
  平成30年6月7日(木) 13:30~16:30

5 会 場
  高岡市立野村小学校

6 日程及び内容
  13:30~13:40 開講式
           挨拶 富山県総合教育センター 教育研修部長
           挨拶 高岡市立野村小学校長
    13:50~14:35 授業参観
          「外国人児童への日本語指導の実際」
  14:50~16:20 情報交換・協議
          「各学校での外国人児童生徒教育の課題」
           指導助言者 西部教育事務所 指導主事
  16:20~16:30 閉会、諸連絡

7 研修の様子
 「外国人児童への日本語指導」の授業では、感覚を表現する言葉に焦点を当て、表現する力を高められるように、実物を触る体験を取り入れ、クイズを出し合う場が設定されていました。公開授業後、よりよい手立て等について協議をしました。また、情報交換・協議「各学校での外国人児童生徒教育の課題」では、各学校における外国人児童生徒への学習指導、日本語指導の現状と課題について話し合いました。効果的な教材等についても情報交換をしました。
  受講者の感想を一部紹介します。 
・具体物から言葉にすることは、日本語の概念を身に付けさせるために効果的だと思った。
・「似ている」ことの違いを語らせることで、表現する語彙が増えると感じた。少人数で行う授業ならではのきめ細かさを感した。
・外国人児童生徒が抱える問題も日本人児童生徒への指導と同様、実情や実態に応じた対応が必要だと分かった。
・児童の実態をつかみ、計画的にゴールを見据えて学習を進めていくことの大切さを実感した。個別の指導計画は、指導者が異動等で代わったときのためにも必要である。