1 趣旨
 学校では実施しにくい観察・実験を経験することにより、学科・コースの特性に応じた学習内容の理解を深める。

2 主催
 富山県教育委員会(富山県総合教育センター科学情報部)

3 会場
 富山県総合教育センター 

4 実施日
 7月中の1日を原則とする。それ以外の期間及び日数での実施については、協議して決定する。

5 実施対象学科
 探究科学科、普通科(自然科学コース)、看護科

6 実習内容(詳細については後日決定する。)
【物理実習】 光の回折と干渉を利用した光ディスクのトラックピッチの測定、
       可視光線の波長の測定、空き缶分光器の製作
【化学実習】 燃料用アルコールの分留と定量、食品中のビタミンCの定量
       水に溶解している各種イオンの定量、医薬品の合成と定性分析       
【生物実習】 カエルの反射行動の観察と解剖、血球・筋肉の観察
【地学実習】 微化石の採集と標本作り、アンモナイトの研磨と内部構造の観察


7 生徒実習予定日

学校名 学科・学年・コース 人数 実施日
入善高等学校 普通科・2年・自然科学コース 38名 7月8日(金)
富山高等学校 理数科学科・2年 52名 7月13日(水)
富山いずみ高等学校 看護科・2年 40名 7月4日(月)
7月5日(火)
富山東高等学校 普通科・1年・自然科学コース 33名 7月7日(木)
高岡高等学校 理数科学科・2年 52名 7月21日(木)
7月22日(金)
氷見高等学校 普通科・2年・文理探究(理系)コース 17名 7月12日(火)
南砺福野高等学校 普通科・2年・探究(理系)コース 21名 7月19日(火)

昨年度の様子

物理実習 化学実習 生物実習 地学実習

8 実習形態と受講方法
・密閉、密集、密接を避けるため、原則として1研修室の定員を10名程度とする。
・午前と午後に物・化・生・地から1講座ずつを選択して受講する。
・各講座の受講人数は、原則として均等とする。

9 実習の様子と生徒の感想(昨年度)
・授業ではできないことだったので大変充実して楽しかったです。
・知らないことがまだまだあると感じました。
・自分の手で問題を解決する楽しさや大切さを学びました。
・難しいところもあったけれどやりがいがあり楽しかったです。
・身近なものの謎を解くのが面白かったです。
・分からないことや知らないことを学べて達成感がありました。
・将来に繋がることがあったと思うので自宅で改めて確認したいと思いました。
・今まで使ったことのない装置が使えてうれしかったです。
・カエルの内臓の匂いや色などが印象に残りました。