1 趣旨
 学校では実施しにくい観察・実験を経験することにより、学科の特性に応じた学習内容の理解を深める。

2 主催
 富山県教育委員会(富山県総合教育センター)

3 会場
 富山県総合教育センター 

4 実施日
 7月中の1日を原則とする。それ以外の期間及び日数での実施については、協議して決定する。

5 実施対象学科
 理数科学科、普通科(自然科コース)、看護科

6 実習内容(内容例)
○理数科学科
【物理実習】・光の回折と干渉、CD・DVD・BDのトラックピッチの測定、可視光線の波長測定、空き缶分光器の製作
【化学実習】・燃料用アルコールの分留と定量、食品に含まれる酸化防止剤の定量、水に溶解している各種イオンの定量,嗜好品に含まれる成分と定量
【生物実習】・ゾウリムシの繊毛運動、カエルの解剖
【地学実習】・微化石による古環境解析、化石標本の製作

○普通科(自然科学コース)
【物理実習】・光の回折と干渉、CD・DVD・BDのトラックピッチの測定、可視光線の波長測定、空き缶分光器の製作
【化学実習】・燃料用アルコールの分留と定量、食品に含まれる酸化防止剤の定量、水に溶解している各種イオンの定量、嗜好品に含まれる成分と定量
【生物実習】・ゾウリムシの繊毛運動、ニワトリの初期発生胚観察
【地学実習】・微化石による古環境解析、化石標本の製作

○看護科
【物理実習】・光の回折と干渉、CD・DVD・BDのトラックピッチの測定、可視光線の波長測定、空き缶分光器の製作
【化学実習】・医薬品の合成実験、食品中のビタミンCの定量
【生物実習】・カエルの反射行動の観察と解剖、血球・筋肉の観察
【地学実習】・微化石による古環境解析、化石標本の製作

7 生徒実習予定日

学校名

学科・学年・コース

人数

実施日

南砺福野高等学校

普通科・2年・探究(理系)コース

22名

7月2日(木)

入善高等学校

普通科・2年・自然科学コース

40名

7月3日(金)

富山いずみ高等学校

看護科・2年

41名

7月7日(火)
7月8日(水)

富山東高等学校

普通科・1年・自然科学コース

40名

7月10日(金)

氷見高等学校

普通科・2年・文理探究(理系)コース

18名

7月16日(木)

高岡高等学校

理数科学科・2年

54名

7月22日(水)

昨年度の様子

 物理実習

 化学実習

 生物実習

 地学実習

8 実習形態と受講方法
・午前、午後共に同じ内容の講座を開設する。
・生徒は午前、午後の各4講座から、それぞれ異なる1講座(計2講座)を選択して受講する。
・各講座の受講人数は、原則として均等とする。

9 実習の様子と生徒の感想(昨年度)
・学校の実験より高度なことができて興味が深まった。
・初めて目にするものでも実際に触ってみることで分かることがたくさんありました。
・理系の大学を目指しているので、とても良い経験になった。より科学に興味がもてるようになった。
・カエルの解剖がおもしろかった。想像していたより抵抗感無く楽しく解剖ができた。
・看護に関係あることも無いことも体験することで自分の知識や理解が深められたと思うのでよかったです。
・分光器を使った実験では教科書の中だけだった光について身近に感じることができて良かった。
・研究職について少し理解できた。
・今、自分が生活している中には物理や化学に関わることが多くあると改めて感じることができたました。