若手教員研修<初任者研修会> 小学校⑫
 令和3年9月30日、10月7日、14日、21日、28日(木)
 いずれかの 14:00~16:30 

【研修の様子】
 演習では、まず、受講者がICT活用のねらいを話し、端末や電子黒板等を使って模擬授業を行いました。その後、ICTの活用の仕方について受講者同士で意見を交換するとともに、ねらいに応じた効果的な活用方法や留意点について指導助言を受けるなど、指導力の向上を図りました。

 また、小学校プログラミング教育の概要について話を聞き、実際にソフトを操作する体験を通して理解を深めました。

 受講者からは、「子供の実態や授業のねらいに応じてICTを活用することが大切だと分かった」「デジタルとアナログのそれぞれの利点を上手に組み合わせて授業をしたいと感じた」「ICTの活用の仕方とともに、発問、指示、説明等も大切にしていきたいと思った」「少人数のグループ編成で、活用の仕方や工夫がよく分かった。感想や改善点を教えてもらえたので、今後に生かしていきたい」などの声が聞かれました。

演習「模擬授業」

講義「プログラミング教育の概要」