若手教員研修<3年次教員研修会> 高等学校
 令和3年11月1日(月)、9日(火)、22日(月)14:00 16:30


【研修の様子】
 本研修では、持ち寄った事例を基に学級経営において日頃から心がけたり工夫したりしていることや、難しさを感じていることについて話し合いました。前半は主に生徒指導上の事柄について、後半は進路指導を行う上で課題に感じている事柄について協議しました。受講者は各自の経験を基に、積極的に協議を行う姿が見られました。
 
 指導助言では、先輩教諭のやり方を観察し良い部分を取り入れることや、教師として視野を広げていくことが大切であると指導いただきました。
 
 受講後の感想には、「SNSが普及し問題が発覚するまで気付くことができないものが多くなっている。生徒の変化に気付くためにもアンテナを高く張り、生徒と積極的にコミュニケーションをとらないといけないと感じた」「久々に同期の先生方と情報交換をしたことで、取り入れたい取組が色々と見つかり、自分の悩みに関してもアドバイスや実践例を示してもらえて助かった」「コロナ禍で、他校の取組を知ったり、自分の授業や指導に関して振り返ったりする機会が減っていたので、参集した研修はとても良かった」などの声が聞かれました。

協議「学級経営上の課題と対応」