新規採用教員研修会 幼稚園教諭・保育教諭④
 講義と演習Ⅰ「遊びを充実させる環境構成の工夫」、講義と演習Ⅱ 「保護者との連携のとり方」
 令和3年6月30日(水)13:30 ~ 16:30


【研修の様子】
 講義と演習Ⅰ「遊びを充実させる環境構成の工夫」では、これまでの子どもたちの遊びの場面を振り返ったり、実際に「透き好きゴマ」づくりをしたりして、「遊びが充実するとは」について考えました。その中で、「子どもたちの育ってほしい姿を想定することの大切さ」を改めて感じました。

 講義と演習Ⅱ 「保護者との連携のとり方」 では、「子供を中心に置いたコミュニケーション」について考えました。保護者の思い・感情を受け止め、信頼関係を築いていくことの大切さを学びました。

 受講者からは、「季節の飾り、制作見本を飾るだけで満足していた自分がいることに気付いた。子どもが気付き、興味をもつにはどのような言葉かけが必要かを考えることも大切だと思った」「子どもが夢中になって遊びをすることができるのは保育者のねらいをもった環境が大切である。日頃から意図的な環境構成を行おうと思った」「保護者との関係をつくっていく上で、子どもの様子をしっかり見て保育を行っていくことがとても重要なことであると感じた」「日頃、子どもたちと関わっておられる保護者や家族に対して感謝を伝え、頑張っておられることに寄り添い、尊重しながらコミュニケーションをとっていきたいと思った」等の感想が聞かれました。

講義と演習Ⅰ「遊びを充実させる環境構成の工夫」

講義と演習Ⅱ 「保護者との連携のとり方」