令和3年度新任教務主任研修会(第2回)
 「特別支援教育と教育計画」「教務主任としての役割と取組」
 令和3年8月2日(月) 9:00~12:00

【研修の様子】
 講義と分科会を実施しました。

 講義Ⅲ「特別支援教育と教育計画」では、東洋大学ライフデザイン学部生活支援学科 教授 是枝 喜代治 氏より、ユニバーサルデザインや合理的配慮に関する支援の具体例や交流及び共同学習の実践事例等を示していただきながら、学校全体で取り組む特別支援教育について学びました。

 分科会Ⅰ「教務主任としての役割と取組」は、校種別に分かれ、班別協議を中心に行いました。班別協議では「特別支援教育の充実」「校長の運営方針の具現化」に向けて教務主任として取り組んできたこと、今後取り組んでいきたいことについて、各校の取組を基に話し合いました。協議の終わりには、班ごとに指導者から話し合った内容等について助言をいただき、まとめとしました。

 受講者からは「教務主任としての在り方を考えることができてよかったです。」「教務主任の意見交換や実践事例の交換は非常に役立ちます。」「自分の市だけでは分からない他郡市の取組を知ることができてたいへん有意義であった。2学期以降に生かしていきたい。」等の感想が聞かれました。

講義Ⅲ 特別支援教育と教育計画

分科会Ⅰ 教務主任としての役割と取組