令和3年度 保育技術協議会(第2回)
 講話と演習「幼児理解に基づいた評価の実施」
 令和3年8月6日(金)13:45~16:30

【研修の様子】
 講話と演習「幼児理解に基づいた評価の実施」では、「幼児理解に基づく評価を支える方法について」「指導に生かす幼児理解と評価について」考えました。講師の先生が用意してくださった事例(記録)をもとに、自分の園等の子どもたちの姿を想定しながら評価について考え合いました。
 
 受講者からは、「グループの先生方と記録について共有できたことで自分の記録を振り返ったり見直したりするよい機会となりました。また、他園の記録の仕方を知ることができたので、これからの自分の記録の参考にしたいと思いました」「記録を書く上で視点をどこにおくか、いつも悩みます。私は遊びの発展性にばかり目が向いていたと思いました。何がこの活動で育っているのか、そこから更に必要な経験とは何か、次の指導につなげていけるようにしたいと思いました」等の感想が聞かれました。

講話と演習「幼児理解に基づいた評価の実施」講話場面

講話と演習「幼児理解に基づいた評価の実施」演習場面