(研修番号40)
1 日 時  令和3年8月4日(水)9:00~12:00 13:30~16:30
2 講 義  保護者との望ましい連携の在り方
3 講 師  日本大学 教授 佐藤晴雄 氏

<演習の様子>

 

 

 

 

 

 

 

4 研修の様子
 講義では、保護者との連携の在り方について、「連携の段階に従った関係づくり」や「コミュニケーションのプロセスを認識すること」が大切であることを学びました。また、「情報を正確に伝える」「理解を促す」「今後のゆくえを明示する」等、保護者に説明する際の具体的なポイントについても学びました。

 演習では、「保護者から『わが子が学校生活になじめない』という相談があり対応した。2度目の話し合いに向けて、より適切な対応はA、Bのどちらか」等、様々な場面における適切な対応を考えました。受講者は、選択肢の中から班ごとに話し合って選び、その後、講師の佐藤先生の解説を聞きました。

 保護者からの要望を確実に受け止め対応することや、日頃からの関係づくり等について考えることができました。