1 趣 旨  教員としての責務や心構え、教育活動に関する研修を行い、使命感を養うとともに、指導力の向上を図る。

2 主 催  富山県教育委員会
  (主管)   (富山県総合教育センター 教育研修部)

3 日 時  平成29年9月28日(木) 13:15~16:30

4 会 場  富山県立ふるさと支援学校

5 受講者  平成29年度特別支援学校初任者研修対象教員 42名

6 日 程    13:00~13:10  受 付
         13:15~14:00  開 会
                 ・開会のあいさつ
                 ・会場校校長のあいさつ
                 ・学校概況等の説明
                 ・日程説明
                 ・施設見学
         14:10~15:00  授業参観
         15:15~16:15  班別協議「授業研究」
         16:20~16:30  閉会、連絡

7 研修の様子
 授業参観では、小学部、中学部、高等部の3つの授業を参観しました。どの授業においてもICTが効果的に活用されていました。
   班別協議では、「発問・指示の工夫」「個に応じた支援」「教室環境の工夫」の視点をヒントにしながら協議を深め、会場校の先生方から、心に響く助言をいただきました。
 受講者からは、「高等部と中学部の授業の学習内容は、一般の学級と変わらないと感じました。しかし、机間指導が丁寧で子供の声によく耳を傾けたり、能力差があってもスケジュールを立てて同じ空間で学習したりしていた。どの授業もきめ細かい配慮がなされているからこそ、落ち着いて子供たちが学習できるのだと思った。」「生徒の実態に応じた環境整備や授業づくりを行うだけでなく、授業を通して生徒に学んでもらいたい目標を明らかにし、生徒が見通しをもって、参加できる工夫も必要であると学んだ。」などの感想がありました。