(研修番号1-1:若手教員研修〈初任者研修会〉)

1 趣 旨
 授業におけるICT活用に関する基礎的な知識・技能を習得し、指導力の向上を図るとともに、学習指導法改善の意欲を高める。

2 主 催(主管)  
 富山県教育委員会(富山県総合教育センター科学情報部)

3 期 日  
 令和3年1月7日(木)、21日(木)、28日(木)いずれかの午後

4 会 場  
 富山県総合教育センター 

5 受講者     
 令和2年度若手教員研修<初任者研修会> 対象者 中学校教諭 

6 日 程  
 13:30 ~ 16:30  演習「授業におけるICT活用の事例研究」

7 研修の様子
 演習では、PCやタブレット端末、実物投影機等を活用した模擬授業が行われ、ICT機器の効果的な活用方法や授業の進め方について話し合いました。「何を、どのような順序で、どのように提示するか」「板書や紙カードによる提示と電子画面による提示をどのように組み合わせるか」といったことが話題となり、自分の実践を振り返るよい機会となったようです。
 同じ担当教科の模擬授業を体験することで、教科の特性を踏まえた専門的な意見を交換する機会を得ることができました。また、担当教科以外の模擬授業を体験することで、多様な活用方法に触れ実践意欲を高めることができたようです。
 研修指導者からは、オンライン授業にも役立つ活用方法を紹介していただくとともに、個人情報や著作権の扱いに関する配慮事項についても教えていただきました。
 受講者からは、「いろいろな活用方法を生徒目線で感じることができてよかった」「これからはタブレット等を用いて学びを共有する方法を考えていく必要があると強く感じた」「ICTを活用した授業は、一斉指導から個別学習、そして協働学習へと進みつつあることが分かった」などの声が聞かれました。