(研修番号1-1:若手教員研修〈初任者研修会〉)

1 趣 旨
 教員として必要な基本的事項を修得し、実践的指導力と使命感を養うとともに、幅広い知見を得る。

2 主 催(主管)  
 富山県教育委員会(東部教育事務所、西部教育事務所、富山県総合教育センター)

3 日 時  
 令和元年11月14日(木)午後

4 会 場  
 魚津市立よつば小学校  射水市立作道小学校   高岡市立野村小学校  小矢部市立石動小学校
 滑川市立滑川中学校   高岡市立志貴野中学校  砺波市立出町中学校

5 受講者     
 2019年度若手教員研修<初任者研修会> 対象者  小学校教諭、中学校教諭

6 研修内容  
 (1)授業参観(初任者による教科の授業)
   (2)研究協議(授業を中心とした研究協議)

7 研修の様子
 県内の協力校(小・中学校)7校において、初任者が研究授業を行い、その後、参観した授業を中心に協議しました。
 授業参観では、初任者の授業を参観し、自分の発問の仕方や児童生徒との関わり方等を振り返ることで、学習指導について新たな学びがありました。
 研究協議では、参観した授業での指導方法や場の設定、日々の教育活動における悩みなどについて話し合いました。受講者はこれまでの実践を基に、自分が目指す授業についてしっかりと考えを発言していました。
 受講者からは、「ペア学習の前に、話合いの仕方を確認することで、より良いペア学習につながっている姿が見られた。活発なペアは授業内での成長が目に見えて分かったが、無言のペアもありペア学習の難しさも感じた」「授業参観の際、生徒が生き生きとしている様子が印象的だった。生徒が学びたいという意欲を高めるために、授業を改善していきたいと思った」などの声が聞かれました。