(研修番号1:若手教員研修・新規採用教職員研修会)

1 趣 旨  教員としての責務や心構え、教育活動に関する研修を行い、使命感を養うとともに、指導力の向上を図る。

2 主 催  富山県教育委員会
 (主 管) (富山県総合教育センター教育研修部)

3 日 時  令和元年5月16日(木) 13:45~16:30

4 会 場  富山県総合教育センター  研修室322、213、214

5 受講者  2019年度特別支援学校初任者研修対象教員 35名

6 日 程  
 13:30~13:45  受 付
 13:45~13:50  開 会
 13:50~14:50  講 義 「特別支援教育の現状と課題」
          講 師 富山県教育委員会県立学校課 指導主事
 14:50~15:10  会場設営、休憩
 15:10~16:15  協 議 「勤務校での学びと課題」
          指導者 富山県総合教育センター教育相談部 研究主事4名
 16:15~16:30  閉会、諸連絡

7 研修の様子 
   講義では、「インクルーシブ教育システムの構築」「多様な学びの場の整備」等について、教員研修ハンドブックをもとに学びました。
 協議では、受講者が勤務校でこれまで学んだことや課題について、フリーカード法を用いて活発に意見交換を行いました。
 研修終了後に受講者が記入したアンケートでは、主なキーワードとして、「インクルーシブ教育」「信頼関係」「合理的配慮」があり、その理由には「障害の有無にかかわらず、人種・性別・宗教などの枠を超えた人間全体の目標である」「児童生徒の指導に当たって、一人一人の実態を把握し、適切な支援を行うことが大切である」などがありました。

講義

班別協議

全体協議