(研修番号1:若手教員研修〈初任者研修会〉・新規採用教職員研修会) 

1 趣 旨   
 教職員としての責務や心構え、教育活動に関する研修を行い、使命感を養うとともに、指導力の向上を図る。

2 主 催 富山県教育委員会 (主 管)(富山県総合教育センター教育研修部)

3 日 時 平成31年4月11日(木)13:30 ~ 16:30

4 会 場 富山県総合教育センター 大研修室 382

5 受講者 2019年度若手教員研修〈初任者研修会〉・新規採用教職員研修対象者(小・中学校教諭、小学校養護教諭)  

6 日 程 
 13:30 ~ 13:50 開講式
   ・挨拶 富山県総合教育センター所長
     ・激励の言葉 富山県教育委員会 小中学校課長  
 13:50 ~ 14:30  
  講義Ⅰ「教育公務員としての心構えと教育課程への対応」
  講師  富山県教育委員会 小中学校課 教育力向上班長
 14:45 ~ 15:25  
  講義Ⅱ「教育関係法規の理解と教職員としての服務」
  講師  西部教育事務所 主任管理主事
 15:25 ~ 16:15  
  講義Ⅲ「学校における人権教育」
  講師  東部教育事務所 主任生活指導主事
 16:15 ~ 16:30  
  年間研修計画の説明   

7 研修の様子
 講義Ⅰでは、教育公務員としての基本的な心構えについて、具体例を交えたお話がありました。また、教員としての資質能力を高めるための「富山県公立学校の教員等の資質向上のための指標」の活用や、富山県の義務教育の諸課題等、今後研修を進めていく上で必要となる基本的な内容についてのお話がありました。
 講義Ⅱでは、教育関係法規の必要性と、教育公務員としての服務等についてのお話がありました。受講者は、これまで学んできた法律が、実際のどの場面に結び付くのか、職場での具体的な例を基に考えることができました。
 講義Ⅲでは、人権とは何かという問題から始まり、人権教育の基本方針や目標、学校や学級における人権教育の進め方等について、受講者が携行してきた資料や事例を効果的に使ってお話しされました。人権に関する問題に、具体的に対応する方法を受講者が考える場面もありました。
 受講者からは「初心を忘れず、どんな子供を育てたいのかを自分の中にしっかりもって、務めを果たすことの大切さを感じた」「勤務時間以外も、自分は教員だということを自覚し、改めて義務をしっかり果たそうと思った」「児童への人権教育はすでに始まっているという言葉を聞き、児童との向き合い方・関わり方を明日から意識して過ごしていきたい」などの声が聞かれました。