富山県教育の充実・発展を図ります。

MENU

新着情報

【中】 H30 学習指導2、生徒会活動・学校行事

(研修番号1-1:若手教員研修〈初任者研修会〉)

1 趣 旨  
 教員としての責務や心構え、教育活動に関する研修を行い、使命感を養うとともに、指導力の向上を図る。
2 主 催  富山県教育委員会
  (主管)  (富山県総合教育センター教育研修部)
3 日 時  平成30年12月25日(火) 9:00 ~ 16:00
4 会 場  富山県総合教育センター 
5 受講者     
 平成30年度若手教員研修<初任者研修会>対象者  中学校教諭
6 日 程  
   9:00 ~   9:10 開会・講師紹介    
   9:10 ~   9:50 【学習指導2】(講義Ⅰ)
          講義題「学習指導の在り方」
          講師 東部教育事務所 指導主事
 10:05 ~ 11:15 【学習指導2】(教科別部会協議Ⅰ)
          協議題「学習評価の実際」
 11:20~ 12:00 【学習指導2】(教科別部会協議Ⅱ)
          協議題 「生徒指導の機能を生かした学習指導の在り方」 
 13:00 ~ 13:40 【生徒会活動・学校行事】(講義Ⅱ)
          講義題「合意形成や意思決定をする生徒会活動や学校行事の在り方」
          講師 西部教育事務所 主任指導主事
   13:55 ~ 15:00 【生徒会活動・学校行事】(班別協議Ⅰ)
          協議題「学校生活の充実と向上を図る生徒会活動の工夫」
 15:10 ~ 15:50 【生徒会活動・学校行事】(班別協議Ⅱ)
          協議題「集団への所属感や連帯感を深め、人間関係をよりよく形成する
          学校行事の工夫」
   15:50 ~ 16:00  振り返り、閉会
7 研修の様子
 講義Ⅰでは、授業のベースになるものや授業の構想の仕方等、授業づくりの基本となることや、新学習指導要領の実施に向けて、「主体的・対話的で深い学び」の実現のための授業改善等について話がありました。受講者にとっては、今までの自分の授業づくりを振り返り、今後の授業改善の方向を具体的に考える機会となりました。
 教科別部会協議では、各自が作成した考査問題を基に、工夫した点や実施後に考えた改善点等について話し合いました。また、生徒指導の機能を生かした学習指導について情報交換を行い、今後の取組に向けて協議しました。
 講義Ⅱは、新学習指導要領の特別活動でキーワードとなる「合意形成」や「意思決定」を実際の生徒会活動や学校行事でどのように取り入れていけばよいかということを中心にした内容でした。後半には、受講者が4~5人のグループになってロールプレイで合意形成を行ってみる時間もありました。
 班別協議では、生徒会活動及び学校行事での工夫について、日頃の実践を基に協議しました。学校の規模や生徒の実態が違う中でのいろいろな実践事例が出され、受講者が課題についての見方を広げ、今後の改善点について考える機会になりました。
   受講者からは、「生徒も保護者も納得する評価を行うために、明確な評価規準の設定が大切だと思った。」「生徒の自発的・自治的な運営の裏に、教師の適切な指導をはさむことも大事なのだということを学んだ。」「どのような活動をするにしても、生徒が活動を振り返ることができる場を確保することの重要性に改めて気付かされた。」などの声が聞かれました。
 
 

PAGETOP
Copyright © 富山県総合教育センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.