富山県教育の充実・発展を図ります。

MENU

新着情報

【小】 H30 学級経営1・学習指導1

(研修番号1-1:若手教員研修〈初任者研修会〉)

1 趣 旨
 教員としての責務や心構え、教育活動に関する研修を行い、使命感を養うとともに、指導力の向上を図る。

2 主 催(主管)  
 富山県教育委員会(富山県総合教育センター教育研修部)

3 日 時  
 平成30年8月22日(水) 9:00 ~ 16:00

4 会 場  
 富山県総合教育センター 

5 受講者     
 平成30年度若手教員研修<初任者研修会> 対象者 小学校教諭  

6 日 程  
   9:00 ~   9:10  開会・指導助言者紹介    
   9:10 ~ 10:00 【学級経営1】(講義Ⅰ)
          講義題「望ましい学級経営の在り方」
          講師 東部教育事務所 指導主事
 10:15 ~ 11:05 【学級経営1】(班別協議Ⅰ)
          協議題「一人一人のよさを生かし、共に高め合う学級経営について」
 11:05 ~ 12:00 【学級経営1】(班別協議Ⅱ)
          協議題「学級経営上の悩み等について」  
 13:00 ~ 13:50 【学習指導1】(講義Ⅱ)
          講義題「基本的な学習指導の進め方」
          講師 西部教育事務所 主任指導主事
   14:00 ~ 15:50 【学習指導1】(班別協議Ⅲ)
          協議題「授業の進め方と指導方法の工夫について」
   15:50 ~ 16:00  振り返り、閉会
   16:00 ~      資料室、カリキュラム支援室見学

7 研修の様子
 講義Ⅰでは、まず望ましい学級とはどんな学級なのかを考え、学級経営のポイントについて教えていただきました。さらに、保護者との良好な連携の仕方についてお話があり、保護者からの相談への具体的な対応について考えました。受講者にとって、1学期の学級経営を振り返るよい機会となりました。
 班別協議Ⅰでは、1学期の学級経営の実践について、班別協議Ⅱでは、学級経営上の悩み等について意見交換を行い、指導助言者からお話をいただきました。初めはやや緊張した面持ちでの協議でしたが、班別協議Ⅰ、Ⅱと進むにつれ、意見交換がスムーズに行われるようになっていきました。
 講義Ⅱでは、「基本的な学習指導の進め方」と題し、授業のベースになるものや授業の基本的な準備の仕方、課題が見付かった場合の対処の方法等について、初任者にとって分かり易くお話しされました。2学期からの学習指導の改善に向けてすぐに役立つ内容でした。
 その後の班別協議Ⅲでは、日頃の授業づくりで工夫していることや授業の進め方で悩んでいることを話し合いました。各自の実践の紹介や指導助言者からの話を通して、今後の指導に参考となる多くの情報を得ることができました。
 受講者からは、「子供たちが安心して過ごせる学級をつくるためには、子供同士の関係、子供と教師との関係が大切だと思う。子供たちに笑顔で接し、温かく安心できる学級にしたい。」「授業づくりの基本的なことを学び、少し2学期が楽しみになってきた。これまで以上に教材研究にしっかり取り組もうと思う。」「全てを自身だけで取り組み、解決するには限界があることを知り、先輩の先生方の助言を得ることの大切さを学んだ。先輩から得るものは大きいということを自覚したい。」などの声が聞かれました。

 
PAGETOP
Copyright © 富山県総合教育センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.