(研修番号1:若手教員研修〈初任者研修会〉・新規採用教職員研修会)


1 趣 旨  
教員としての責務や心構え、教育活動に関する研修を行い、使命感を養うとともに、指導力の向上を図る。

2 主 催  富山県教育委員会
  (主管)  (富山県総合教育センター教育研修部)

3 日 時  平成30年4月4日(水) 13:30 ~ 16:30

4 会 場  富山県総合教育センター 研修室 382、314、322、332、372

5 受講者     
平成30年度初任者研修・新規採用教職員研修対象者 81名
(高等学校教諭、特別支援学校教諭、県立学校養護教諭)

6 日 程  
13:15 ~ 13:30  受付(研修室382前)
13:30 ~ 13:40  「開講式」  
 挨拶 富山県総合教育センター 所長
 激励の言葉 富山県教育委員会  県立学校課長
13:40 ~ 13:45  日程説明
13:45 ~ 14:30  
 講義Ⅰ「学校における人権教育」「教育関係法規の理解と教育課程への対応」
 講師 富山県教育委員会県立学校課 主幹
14:30 ~ 15:15 
 講義Ⅱ「教育公務員としての心構え」
 講師 富山県教育委員会教職員課 主幹
15:15 ~ 15:25  (会場移動等)
15:25 ~ 16:25  
 協議「教職員としての服務」(1班~4班)
 指導助言者 富山県教育委員会教職員課 管理主事4名
16:25 ~ 16:30  閉会、諸連絡

7 研修の様子
 講義Ⅰでは、人権、憲法、教育基本法、学校教育法等について、受講者同士でお互いの考えを確認しながら学びました。
 講義Ⅱでは、法規等の条文の意味を深く考えることで、どのように教育に携わるべきかや、教職員としての心構え等について学びました。
 班別協議では、設例を基に、教員としてどのように行動したらよいかについて活発に協議し、根拠となる法令について管理主事より指導助言をいただきました。
 受講者からは、「人権教育とは相手を思いやり尊重することだと思った」「私たちは24時間『先生』であり、全体の奉仕者であるという意識や、自分の使命や責任に対する自覚が大切だと思った」「責任のある行動をとるとともに、生徒や親、地域から信頼されるような教師になりたいと思った」などの声が聞かれました。