(研修番号1-3:若手教員研修・3年次教員研修会)

1 日 時  平成30年8月1日(水) 9:00~12:00

2 場 所  富山県総合教育センター 

3 日 程
  8:30~  8:55  受付
  9:00~  9:05  開会、講師紹介
  9:05~  9:45  講義「よりよい学級経営を目指して」
                      講師 東部教育事務所 指導主事
  9:45~10:05  諸連絡、移動、会場設営
10:05~11:45  班及びグループ別協議「学級経営上の諸問題」
                      指導助言者 東部及び西部教育事務所 (主任)指導主事
11:45~12:00  振り返り、会場復元

4 研修の内容
 講義では、よりよい学級づくりのために、学級集団の成長の各段階での適切な指導が大切なことや、教師と生徒、教師と保護者との望ましい関係づくりのポイント等について教えていただきました。
 班及びグループ別協議では、4班編成の各班2グループ(各グループ3~4名)で、学級経営において現在悩んでいることや今後の課題として感じていること等について協議しました。同じメンバーで協議するのは1年振りで、和やかな雰囲気の中で協議が行われていました。
 受講者からは、「学級経営には近道がないということが確認できた。いろいろな先生方のやり方を自分のクラスで生かしたい。」「今までは、指導の段階や生徒の成長の過程をあまり考えないで、1年間同じ指導をしていた。2学期からは行事がいくつもあるので、それらを考えてクラス経営をしていきたい。」「協議を通して、やはり生徒との信頼関係を築くことがとても大切だと感じた。生徒一人一人との関係をより良いものにするためにも、生徒理解に努め、細やかに声かけをしていきたい。」などの声が聞かれました。