(研修番号1:若手教員研修〈2年次教員研修会〉)

1 趣 旨  
 初任者研修と1年間の実践を基に、学習指導、生徒指導、学級運営等において、実践的指導力の向上を図る。

2 主   催 (主管)    
  富山県教育委員会(富山県総合教育センター教育研修部)

3 日 時  
  平成29年8月22日(火) 13:15 ~ 16:30

4 会 場  
  富山県総合教育センター 研修室 314、322

5 受講者     
      平成29年度 若手教員研修(2年次教員研修会)対象者 高等学校教諭 49名

6 日 程  
     13:00 ~ 13:15      受付(研修室314前)
     13:15 ~ 13:30      開会、移動  
     13:30 ~ 16:20      カウンセリング演習「学級集団を育てる」「生徒の気持ちに寄り添う」
               研修指導者  富山県総合教育センター教育相談部(主任)研究主事2名
     16:20 ~ 16:30  振り返り、閉会

7 研修の様子
 演習の前半では、担任(副担任)している学級の状況を、5つの関わり行動(交流する、協力する、役割分担し連携する、心を通わす、折り合う)の観点からチェックしました。また、関わり行動を促すグループカウンセリングの手法をウォーミングアップ、ゲーム(エクササイズ)、振り返りの順で実際に行って学びました。後半は、生徒の気持ちに寄り添う面接の在り方について、傾聴トレーニングとロールプレイ(担任役、生徒役、観察者)を通して研修しました。
 受講者からは、「相手の心を本当に引き出したいときに、相手に共感してもらうことの厳しさを感じた。」「生徒の目線になって話をしたり考えたりする姿勢が大切だと思った。」「ロールプレイを行って、面接をするときの雰囲気づくりが生徒の発言に大きな影響を与えていると思った。」などの声が聞かれました。