(研修番号1-2:若手教員研修〈2年次教員研修会〉)

1 趣 旨
 初任者研修と1年間の実践を基に、学習指導、生徒指導、学級経営等において、実践的指導力の向上を図る。

2 主 催(主管)  
 富山県教育委員会(東部教育事務所、西部教育事務所、富山県総合教育センター)

3 日 時  
 令和元年11月13日(水)午後

4 会 場  
 入善町立飯野小学校  氷見市立比美乃江小学校  高岡市立戸出西部小学校
 上市町立上市中学校  射水市立小杉中学校 
 
5 受講者     
 令和元年度若手教員研修<2年次教員研修会> 対象者  小学校教諭、中学校教諭

6 研修内容  
 (1)授業参観(2年次教員による教科の授業)
 (2)研究協議(授業を中心とした研究協議)

7 研修の様子
 県内の協力校(小・中学校)5校において、2年次教員の研究授業と研究協議を行いました。
 授業参観では、教師の働きかけや、児童生徒の反応、学級の雰囲気等をていねいに参観し、多くの気付きを得ていました。
 研究協議では、参観で見られた具体的な姿や自分の経験を基に、初任時よりも一段と踏み込んだ話合いが行われ、今後の実践に向けて展望をもつことができました。
 受講者からは、「教師が何を大切にして何をねらいにするのかによって、授業が大きく変わることを学んだ」「子供同士の意見がつながる前段階として、教師が子供の発言を温かくしっかり聞き、切り返して広めたり深めたりしておられた。子供同士がつながる授業になるように、今日学んだ工夫を取り入れていきたい」「課題の提示方法や難易度の設定、まとめや振り返りにより、どのように達成までもっていくのかなど、様々な考えや意見を聞くことができて、とても勉強になった」などの声が聞かれました。