(研修番号1-2:若手教員研修〈2年次教員研修会〉)

1 趣 旨  
 初任者研修と1年間の実践を基に、学習指導、生徒指導、学級経営等において、実践的指導力の向上を図る。
2 主   催 (主管)    
  富山県教育委員会(富山県総合教育センター教育研修部)
3 日 時  
  平成30年8月2日(木) 9:00 ~ 16:00
4 会 場  
  富山県総合教育センター
5 受講者     
      平成30年度 若手教員研修(2年次教員研修会)対象者 中学校教諭 20名
6 日 程  
      8:45 ~   9:00    受付
      9:00 ~   9:10    開会、講師紹介
    9:10 ~ 10:00  講義「保護者や地域と連携した学級経営」
            講師 富山県教育委員会東部教育事務所 指導主事
  10:15 ~ 11:40  グループ別協議「学級経営上の諸問題」(年次交流研修)
              指導助言者 富山県教育委員会
                                 東部・西部教育事務所 指導主事3名
    11:40 ~ 12:00    振り返り
    13:00 ~ 15:50    カウンセリング演習
              研修指導者 富山県総合教育センター教育相談部 主任研究主事1名
    15:50 ~ 16:00   振り返り、閉会
7 研修の様子
 午前の「学級経営2」の講義では、保護者や地域との連携を図る必要性や具体的な方法、学級担任としての心構え等について学びました。11年次教員が入り年次交流研修の形で行ったグループ別協議では、2年次教員が持ち寄った学級経営についての実践資料を基に、目指す学級像や育てたい生徒の姿と現状等について話し合いました。各グループの進行と助言を11年次教員が担当し、2年次教員は、11年次教員から経験に基づいた具体的なアドバイスを受けることができました。午後のカウンセリング演習では、「児童生徒の気持ちに寄り添う」と「学級集団を育てる」の2つのテーマで、担任役、生徒役、観察者になってロールプレイを行い、面接の在り方について学びました。
   受講者からは、「教員という仕事は一人ではできないと改めて感じた。地域や保護者、他の先生方との連携をスムーズに行うためには、まず自分が一生懸命に取り組むことが大切だと思った。」「11年次の先輩教員に個別に相談に乗っていただいたことで、自分の課題や新しい見方、考え方を発見できた。また、具体的なアドバイスもいただけたので、2学期への意欲も沸いた。」などの声が聞かれました。