(研修会番号3-2:中堅教諭等資質向上研修〈10年次〉)

1 趣 旨  
 教育公務員特例法第24条の規定に基づき、学校の中核的な役割を果たす中堅教員としての資質の向上を図る研修を行い、学習指導、生徒指導等における実践的指導力や中堅教員としての使命感を高める。

2 主 催(主 管)  
 富山県教育委員会(富山県総合教育センター教育研修部)

3 期 日  
【110】教科等の指導…………………………………令和元年8月19日(月)
【111】道徳科、特別活動、総合的な学習の時間…令和元年8月7日(水)
【112】自立活動………………………………………令和元年8月9日(金)

4 会 場  富山県総合教育センター 

5 受講対象者数 17名
【112】自立活動は必修、その他の2つの研修から1つを選択し受講する。

6 研修内容と指導助言者
【110】教科等の指導
     テーマ   障害種に応じた「主体的・対話的で深い学び」の指導の実際
     指導助言者 富山県立にいかわ総合支援学校   教頭 
【111】道徳科、特別活動、総合的な学習の時間
     テーマ   学校の特色を生かした指導の実際
     指導助言者 富山県立となみ東支援学校 教頭 
【112】自立活動
     テーマ   個別の指導計画による自立活動の指導
     指導助言者 富山県立富山総合支援学校 教頭 
                                                         
7 研修の様子と受講者の声
【110】教科等の指導
(研修の様子)






(受講者の声より)
・学びには「型」が無いものであると改めて感じた。児童生徒の実態を適切に把握した上で、授業のねらいを考えていきたいと思う。
・授業で学習して身に付けたことを日々の生活の中で生かしていけることが、深い学びにつながる視点の一つだと改めて実感した。

【111】道徳科、特別活動、総合的な学習の時間
(研修の様子)







(受講者の声より)
・どの学習においても、何ができたのか、どんな力が身に付いたのか、今後の課題は何かなど、常に振り返ることが大切だと感じた。
・異年齢、実態差がある子供たちを対象に特別活動を行う際、どの子供も主体的に活動し、ねらいを達成できるようにすることが大切であり、その手立てについて様々な協議することができた。

【112】自立活動
(研修の様子)







(受講者の声より)
・根拠のある指導が求められており、そのためには今回のような「流れ図」を作成することで、ねらいがより明確になると思った。
・課題の設定には、個々に応じた適切な実態把握が必要となる。その上で、設定した指導計画を他の先生方と共有しながら進めていくことが大切だと感じた。