1 趣 旨  幼稚園教員として必要な知識・技能や心構えに関する研修を行い、使命感を養うとともに指導力の 向上を図る。

2 主 催  富山県教育委員会
 (主 管)  (富山県総合教育センター教育研修部)

3 日 時  平成27年6月25日(木) 9:45~16:30

4 会 場  幼保連携型認定こども園 かたかご幼稚園かたかご保育園(高岡市伏木古古府16-15)

5 受講者  平成27年度新規採用幼稚園・認定こども園教員 39名

6 日 程
  9:10 ~   9:30     受 付
  9:30 ~ 11:30  保育参観   3歳児(つつじ組)・(ぼたん組)
                4歳児(すみれ組)・ (りんどう組)
                5歳児(なでしこ組)・(あじさい組)

  11:45 ~ 12:00  開 会   挨 拶       総合教育センター教育研修部 部長

                激励の言葉  幼保連携型認定こども園
                        かたかご幼稚園かたかご保育園 園長
  12:00 ~ 13:00  給食
  13:00 ~ 14:15  協 議 Ⅰ  「幼児の姿から学んだこと」
                  授業提供者 かたかご幼稚園 教諭 3名
                  指導助言者 東部教育事務所 指導主事 1名
                        西部教育事務所 (主任)指導主事 2名     
  14:20 ~ 16:10  協 議 Ⅱ  「指導案の作成」
                  指導助言者 東部教育事務所 指導主事 1名
                        西部教育事務所 (主任)指導主事 2名
  16:20 ~ 16:30  閉 会   挨 拶 小中学校課教育力向上班 指導主事

7 研修の様子
○ 保育参観
 子どもたちが「お店屋さんごっこ」や「忍者ごっこ」など、好きな遊びを通して思いっきり遊ぶ様子や、保育者の援助の仕方、充実した環境構成などについて見せていただきました。受講者は、各自の保育の仕方や環境の構成等について見直す、とてもよい機会となりました。
○ 協議Ⅰ
 公開保育をしていただいた「かたかご幼稚園」の先生方にも協議に参加していただき、子どもとのかかわり方や援助の仕方、環境構成への配慮点等、たくさんのことについてご指導いただきました。研修後の受講者のアンケートからは、「子ども一人一人の思いを大切に受け止めるとともに、状況が随時変化していくことを瞬時に見極め対応(援助)していくことの重要性について学ぶことができた」など、保育に関わる多くの視点が見いだせたことに感謝する思いが多く寄せられました。
○ 協議Ⅱ
 協議Ⅱでは、まず指導助言者の先生から指導案作成上の留意点等についてご指導いただきました。その後6~7人の小グループに分かれて、午前中に参観した保育の「次の授業」の指導案を作成しました。受講者からは、「他の受講者といっしょに考えを出し合うことにより、様々な活動の進め方や援助の仕方、環境の構成など、新たな発見がとても多くあり、とても勉強になった」「自分の考えをたくさん発表できたし、自分の思いをたくさん聞いてもらえて嬉しかった」「行き当たりばったりの保育活動ではなく、しっかりと考え計画して保育活動を進めていくことの大切さを改めて認識した」などの感想が寄せられました。受講者にとって、得るものが多い研修となりました。

保育参観1
保育参観2
保育参観3
保育参観4
保育参観5
開会
協議Ⅰ
協議Ⅱ