1 趣 旨  
   幼稚園教諭(幼保連携型認定こども園の保育教諭〔3歳以上児担当〕を含む。以下同じ。)として職務に必要な知識・技能や心構え及び基本的な事項に関する研修を行い、使命感を養うとともに、実践的指導力の向上を図る。

2 主催  富山県教育委員会
 (主管)  (富山県総合教育センタ-教育研修部・教育事務所)

3 日時   令和元年10月2日(水) 9:30~16:30  
               令和元年10月3日(木) 9:30~16:30
               ※どちらか1日参加

4 会場  富山大学人間発達科学部附属特別支援学校(午前)
      富山県総合教育センター 研修室322 他  (午後)

5 受講者 2019年度新規採用幼稚園教諭 43名

6 日程
 9:00~ 9:20  受付
 9:30~ 9:40  開会
          挨拶 富山県総合教育センター教育研修部長
          激励の言葉  富山大学人間発達科学部附属特別支援学校副校長
         日程説明、諸連絡
 9:50~10:50 授業参観、施設見学
 11:00~12:00 講義「特別な支援を必要とする幼児への対応」
              講師 富山大学人間発達科学部附属特別支援学校 教頭
 12:00~12:10 閉会、諸連絡
 12:10~13:30 移動(総教セへ)、昼食
 13:40~15:50   協議「特別な支援を必要とする幼児への対応(事例研究)」
                           指導助言者 
                              東部教育事務所 指導主事
                              西部教育事務所 指導主事
 16:00~16:30  諸連絡、閉会

7 研修の様子
  午前は、まず特別支援学校の授業参観と施設見学をさせていただき、実態に応じたきめ細やかな支援について教えていただきました。講義「特別な支援を必要とする幼児への対応」では、「気になる子への対応」「富山県の特別支援教育」「保護者を支える」という3つの視点からご指導いただきました。子供の思いに共感することや保護者との連携等、幼児教育に生かすことのできるポイントが多くありました。午後からは、事前に提出した協議資料を基に「特別な支援を必要とする幼児への対応」について情報交換したり、今後の支援について話し合ったりしました。
 受講者アンケートの一部を紹介します。
・参観中の説明で、「できないことはいっぱいだけれど、できそうなところを見付けることが大切」と言われた。自分は気になる子を見る上でどうしてもできない部分を探してしまうので、その言葉が響いた。
・特別な支援を必要とする子にとって、困っていることは何なのかを保育者が考えることの大切さを学んだ。また、その子の好きなことや得意なことを見付け、伸ばすことができるようになりたいと思った。
・「子供本人が一番困っている」という言葉を聞いて「確かに」と思った。保育者が「どうしよう・・・」と悩んでいたとしても、本人が一番困っていると考えると、いろいろな方法でやってみてどうにかしてあげたいと思った。