1 趣 旨  
   幼稚園教諭(幼保連携型認定こども園の保育教諭〔3歳以上児担当〕を含む。以下同じ。)として職務に必要な知識・技能や心構え及び基本的な事項に関する研修を行い、使命感を養うとともに、実践的指導力の向上を図る。

2 主 催  富山県教育委員会
    (主管) (富山県総合教育センター教育研修部・教育事務所)

3 日 時  令和元年8月21日(水) 9:30~16:30

4 会 場  富山県総合教育センター  大研修室382  

5 受講者    2019年度新規採用幼稚園教諭 45名

6   日 程
    9:00 ~   9:20 受付
    9:30 ~   9:40 開会 日程説明
    9:40 ~ 11:55 講義と実技「幼児の造形遊び」
            講師 手作りおもちゃサークル おむすびくらぶ 代表 田中 世津子
     11:55 ~12:00 諸連絡
   12:00 ~13:00   昼食・休憩
   13:00 ~14:30   講義と演習「幼児への読み聞かせ・語り聞かせ」
            講師 射水市大島絵本館  企画係長・絵本専門士 西 小百合 
    14:45 ~ 16:15 講義と野外活動「自然体験と安全対策」
            講師 元上市町立相ノ木小学校長 水原 登志子 
    16:15 ~ 16:30 諸連絡、閉会

 7 研修の様子
  講義と実技「幼児の造形遊び」では、身近な材料を使った楽しく遊べるおもちゃの作り方を教えていただきました。安全面への配慮についても学ぶことができました。午後の講義と演習「幼児への読み聞かせ・語り聞かせ」では、「なぜ」「なにを」「どうやって」読み聞かせ・語り聞かせるのかを教えていただき、ペアで読み聞かせを行いました。講義と野外活動「自然体験と安全対策」では、自然体験活動の大切さや危険回避するための留意点等を教えていただきました。実際に、幼児になったつもりで、木の実に触ったり笹舟を作ったりして、五感を通して学ぶことの大切さを学びました。
受講者アンケートの一部を紹介します。
・身近にある様々な材料や素材を使って簡単な玩具が作れ、今後の保育に活かせることばかりだった。日頃私たちが何気なく使ったり見たりしている物に、ほんの一手間加えるだけで、遊びがこんなにも大きく広がるのだと感心した。
・絵本は、お母さんや保育者など大好きな人に読んでもらえる、子供にとってかけがえのないものであることが分かった。絵本の読み聞かせを通して、子供たちとのコミュニケーションを深められたらよいと感じた。
・自然物で様々な遊び方があることを学んだ。心が動くような体験が、子供の主体性につながっていくと思った。