1 趣旨  
 幼稚園教諭(幼保連携型認定こども園の保育教諭〔3歳以上児担当〕を含む。以下同じ)として職務に必要な知識・技能や心構え及び基本的な事項に関する研修を行い、使命感を養うとともに、実践的指導力の向上を図る。

2 主催   富山県教育委員会
  (主管) (富山県総合教育センタ-教育研修部・教育事務所)

3 日時 2019年4月23日(火) 午後1時30分から午後4時30分まで

4 会場   富山県総合教育センター 研修室314

5 受講者 2019年度新規採用幼稚園教諭  45名

6 日程及び内容
 13:00~13:30 受付
 13:30~13:40 開講式 挨拶 県教育委員会小中学校課 教育力向上班長
 13:40~14:10 講義Ⅰ「幼児教育について」 講師 県教育委員会小中学校課 指導主事
 14:20~15:50 講義Ⅱ「保育者としての心構え」講師 堀川幼稚園 副園長
 15:50~16:30 諸連絡、閉会

7 研修の様子
 講義Ⅰでは、幼児教育の重要性や幼稚園教諭に求められている力等について教えていただきました。保育者としてのスタートにあたり、今の自分を見つめ直す時間になったようです。
 講義Ⅱでは、「社会人として」「保育者としての役割」「今、幼児教育で求められていること」「大切な幼児期、私たちはどんなことを大切にしていくべきか」「認知能力を育むための保育者の役割」等の視点から、副園長先生ご自身の豊富な経験を基にお話しいただきました。
 受講者の感想には、「子供たちは、保育者を見て大切な幼児期を過ごしていく。子供の見本(モデル)であることを意識して、身だしなみや言葉遣いに気を付けていくべきだと感じた」「子供たちが日々の遊びや生活の中で、何を学んでいるのか、どういう気持ちで取り組んでいるのかを理解し、その時に応じた関わりをもつことで子供たちの成長につなげていくことができると思った」等がありました。