1 趣旨  
 幼稚園教諭(幼保連携型認定こども園の保育教諭〔3歳以上児担当〕を含む。以下同じ)として職務に必要な知識・技能や心構え及び基本的な事項に関する研修を行い、使命感を養うとともに、実践的指導力の向上を図る。

2 主催   富山県教育委員会
  (主管) (富山県総合教育センタ-教育研修部・教育事務所)

3 日時 平成30年4月24日(火) 午後1時30分から午後4時30分まで

4 会場   富山県総合教育センター 研修室314

5 受講者 平成30年度新規採用幼稚園教諭、幼保連携型認定こども園保育教諭 合計37名

6 日程及び内容
 13:00~13:30 受付
 13:30~13:40 開講式 挨拶 県教育委員会小中学校課 教育力向上班長
 13:40~15:10 講義Ⅰ「教員としての心構え」講師 堀川幼稚園 副園長
 15:20~15:50 講義Ⅱ「幼児教育について」 講師 県教育委員会小中学校課 指導主事
 15:50~16:30 諸連絡、閉会

7 研修の様子
 講義Ⅰでは、「社会人として」「1年目の心構え」「コミュニケーションと人間関係」「保育者としての役割」「今、幼児教育で求められていること」の5つの視点から、「教員としての心構え」について副園長先生ご自身の豊富なご経験を基にお話しいただきました。講義Ⅱでは、「なぜ先生になろうと思ったか」「どんな先生になりたいか(目指す10の姿)」「教員として求められる力とは」についてワークシートに書く場が設定され、幼稚園教諭・保育教諭としての今の自分を見つめ直しました。

 受講者アンケートの一部を紹介します。
・子どもたちと一緒に心を動かして楽しい保育をしていきたいと思った。
・子どもの豊かな発想を取り入れて生かし、子どもたちが自分で考えられるように関わろうと思った。
・講師の先生の話にとても感銘を受け、憧れの気持ちをもつことができ、大変貴重な機会となった。
・自分の原点を見つめ直すことで、これからの目標も見えてくると思った。