新規採用教員研修会 養護教諭⑩
 令和3年9月9日(木) 14:00~16:30

【研修の様子】
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オンライン研修に変更して実施しました。

 「保健教育1」では、保健学習への関わり方について、講師のお二人からお話ししていただきました。「学習指導案作成上の留意点」では、授業を行うにあたり、「単元の目標」「授業のねらい」「単元で付けたい力」を明確にすることやねらい、学習課題、評価規準が整合性のあるものにすることなど、授業を構想する際のポイントや指導案作成及び授業において留意すべき点について学びました。また、「授業における養護教諭の役割」について、実践例を基に養護教諭がその特性を生かしながら、担当教諭と協働で授業をつくり上げていく上での留意点等について学びました。実際に、協力校研修2の授業者から当日の指導案を基に説明を受けた後、事前に指導案を作成してみての疑問や授業実践に関する悩み等について話し合いました。

 「先輩養護教諭と語る会1」では、ブレイクアウトルームを使い、日頃の業務において悩んでいることや疑問に思っていること等について、班別で協議し、先輩養護教諭から助言をいただきました。

 受講者からは、「医療機関の情報収集の仕方が分からなかったが、生徒指導主事やスクールカウンセラーなど、身近な方に相談するとアドバイスがもらえるということを聞き、実践したいと思った」「同じ資料を用いても、子供たちの発達段階に応じて、提示の仕方を工夫しないといけないと感じた」「大規模校に勤務しているため、なかなか保健指導等で学級に入ることができなかったが、同期の先生方の話を聞き、小さいことからでもできることを何でも挑戦してみようと思った」「日頃の業務の中での不安や疑問は多くあるが、同期の先生方と共有し、意見を交わすことの大切さや有り難さを感じた。2学期、またがんばろうと思った」といった声が聞かれました。

保健教育1

先輩養護教諭と語る会1