(研修番号8:校内研修活性化研修会)

1 趣 旨
  授業分析の手法やワークショップ型授業研究の在り方について研修を行い、校内研修の推進を図る。

2 主 催 (主 管)
  富山県教育委員会 (富山県総合教育センター教育研修部)

3 期 日
  平成30年5月22日(火)  (B班:中学校、高等学校、特別支援学校教員)
  平成30年5月23日(水)  (A班:小学校教員)

4 会 場
  平成30年5月22日(火)
  午前:富山大学人間発達科学部附属中学校 
  午後:県総合教育センター   
  平成30年5月23日(水)
  午前:富山大学人間発達科学部附属小学校 
  午後:県総合教育センター  

5 受講者  ※中堅教員 (各種主任等)
  平成30年5月22日(火) B班 中学校・高等学校・特別支援学校教員 15名
  平成30年5月23日(水) A班 小学校教員 10名

6 日程及び内容
  B班(A班)
    9:00~  9:15 ( 8:50~ 9:00)  受付 
    9:15~  9:45 ( 9:00~ 9:30)  オリエンテーション及び観察準備
    9:50~10:40 ( 9:35~10:20) 授業観察                  
  10:40~12:00 (10:20~12:00)県総合教育センターへ移動、演習準備
  13:00~15:40 ① フリーカードを用いた協議会(大規模研究グループ)
          ② 対話リフレクションによる協議会(小規模研究グループ)
          ③ デジタルカメラ等を活用した授業分析(授業分析グループ)
          ④ ①~③の演習の振り返り(インターバル研修に向けて)
  15:45~16:00   講評 (東部教育事務所 主任指導主事)
  16:00~16:20   指導助言  (山形大学大学院教育実践研究科 准教授 森田 智幸)
  16:20~16:30   第3回研修会について諸連絡、アンケートの記入

7 研修の様子
 第2回研修会はA班(小学校教員)とB班(中学校・高等学校・特別支援学校教員)に分かれて実施しました。午前に富山大学人間発達科学部附属小学校・中学校で授業観察を行い、その後、県総合教育センターに移動し、演習の準備を行いました。
 午後からは、授業者にも参加してもらい、大規模研究グループ、小規模研究グループ、授業分析グループの順に協議会を行い、相互に参観しました。
 最後に講評と指導助言をいただきました。受講者アンケートの一部を紹介します。
・フリーカードの書き方が今までと違い、「事実」「捉え」という新しい形にチャレンジできてよかった。
・生徒の実際の姿(事実)から、授業を振り返ることが何よりも大切。映像を見ることで、生徒の姿を全体で共有することができ、効果的だと思った。
・第1回の講義を受けてのグループ研修だったので、目的や目指す方向が分かった上で授業研修ができ、よかった。改めて映像を使った授業分析は効果があると思った。
・自分が所属していないグループの協議も実際に見ることができ、3つのリフレクションのやり方を共有できて、よかった。