1 趣旨  幼稚園等の運営管理や今日的課題等について研修を行い、園長等の識見を高め、 資質の向上を図る。

2 主催  富山県・富山県教育委員会
 (主管) (富山県総合教育センター教育研修部)

3 日時  平成29年5月30日(火) 午後1時30分から午後4時30分まで

4 会場    富山県総合教育センター 

5 受講者 幼稚園等の園長又は主任教諭等(公、私、国)(公立は悉皆)

6 日程
  13:15~13:30 受付
  13:30~13:40 開講式
  13:40~14:10 講義「幼稚園における合理的配慮の提供について」
            講師  富山県教育委員会県立学校課特別支援教育班 指導主事
  14:20~16:20 講話「幼児教育の現状と課題」
             講師 富山大学人間発達科学部 准教授 若山 育代
  16:20~16:30   閉会

7 研修の様子
○講義「幼稚園における合理的配慮の提供について」
 講義では、各園における合理的配慮の提供について、県立学校課特別支援教育班指導主事からご指導いただきました。障害のある人への差別の解消に関する法整備について確認した後に、「障害のある人への差別とはどのようなものであるか」「合理的配慮をどのように行えばよいのか」などについて、基本的なことから具体的な取組まで分かりやすく教えていただきました。
 受講者の感想を一部紹介します。
 【記述より】
・「本質」を変えずにスタートラインをそろえ、他の子どもと同じことができる環境を整備することが大切で、「本質」を変更してしまってはその子どもの支援につながらないということが理解できた。
・障害のある方の立場になって、どんな所の何に不便さを感じているのかを理解する必要がある。しかし、こちらの思い込みということもあるので、決めつけず対応できるようにしようと思った。
・障害のある子どもとない子どもが同じ場で共に学ぶことはとても大切なことだと思う。しかし、園での受け入れの際の教員数や環境整備等、課題も多いため、もっと勉強していきたい。

○講話「幼児教育の現状と課題」
 富山大学人間発達科学部 准教授 若山 育代先生からご指導いただきました。
  幼児教育に関する様々な現状や課題の中から、幼児期の教育と小学校教育との円滑な接続のための対応に焦点を当て、研究事例をもとに分かりやすく教えていただきました。幼保小連携の実施状況やアプローチカリキュラムの試作に向けてのフォーマット例を提示されるなど、今後の取組に向けて具体的にご指導いただきました。
 受講者の感想を一部紹介します。
【記述より】
・本園の指導計画を見直す必要性を感じた。さらに、小学校へも積極的にアプローチしていきたいと思った。
・アプローチカリキュラムは、第三者が見ても分かりやすいものがよい、ということが分かった。園目標等も意識して作成することが大事だと思った。
・一人一人の子どもへの支援や環境構成の工夫など、園の実践を小学校側が参考にしたり生かしたりしたいと思ってもらえるようなカリキュラムとなっているかを振り返る必要があると思った。
・自己制御の高い3、4歳児、ポジティブな自己知覚をする5歳児など、しっかりとした研究データに裏付けられていることに驚いた。これまでの保育経験で「知っているつもり」になっていたことに気付いた。