(研修番号13:園長等運営管理協議会)

1 趣旨 幼稚園の運営管理や今日的課題等について研修を行い、園長等の見識を高め、資質の向上を図る。

2 主催 富山県・富山県教育委員会
(主管)(富山県総合教育センター教育研修部)

3 期日 平成27年8月4日(火)

4 会場 富山県総合教育センター

5 受講者 園長または主任教諭等(公立、私立)56名

6 日程及び研修内容
13:15~13:45 受付
13:45~15:30 班別協議「幼稚園を取り巻く課題と魅力ある園運営について」
15:45~16:30 講義「幼稚園を取り巻く課題と魅力ある園運営について」
            講師 富山県教育委員会小中学校課教育力向上班 指導主事
閉講式

7 研修の様子
・班別協議では、4つの班に分かれて「幼稚園を取り巻く課題と魅力ある園運営」について、協議を進めました。また、今年度から認定こども園が増えたことにより、班別協議の1つの班を認定こども園だけの班として実施しました。
・班別協議では、まず話題提供者の発表をもとに、各園において成果があった取組に関する発表や、悩み、課題、問題点等の解決へ向けた話し合いが、活発に行われました。協議後のアンケートには、「グループ協議の人数が少人数だったので、とても話しやすかったし情報交換の場ともなった。」「県内の様々な園の課題や問題について聞くことができたし協議することもできたので、とても充実した時間をもつことができた。また、各園から提出された協議資料からも得るものが多かったので、今後の園運営にぜひ生かしていきたい。」「協議は公立と私立の園が混ざった班となっていた。このため、普段聞けない私立幼稚園のいろいろな情報を得ることができ、とても有意義な時間を過ごすことができた。」「90分と短い時間での協議だったが、各園からいろいろな事例や意見が出たことや、多くの課題や悩みを共有できたことは有意義であった。今、園においては多くの課題や問題が生じているが、この現実を否定することなく、日々の努力と工夫とチームワークで乗り切っていきたいと思った。」「今年度、認定こども園だけの班をつくっていただき協議する機会が得られたので、とてもよかった。協議では、同じ悩みや問題点を共有することができたし、それぞれの先生方の話に共感したり納得したりする点がたくさんあった。来年度も、ぜひ認定こども園だけの班をつくっていただき、その後の成果や成長について話し合いたい。」など、多くの感想が寄せられました。

・講義では「幼稚園を取り巻く課題と魅力ある園運営について」小中学校課教育力向上班の指導主事から大変分かりやすく、ポイントをついて話をしていただきました。
・受講者からは、「小学校との円滑な接続についてお話しくださいましたが、小学校への接続を見通した教育課程の編成や実施について、もっとお話を聞きたかった。」「講義を通して、幼保小の連携について、もっと積極的に取り組んでいく必要があることを強く感じた。すべての子どもたちが安心して小学校生活を送るためにも、幼保小の連携はとても大切なことだと改めて感じた。」など、多くの感想が寄せられました。また、「来年度の講義においては、認定こども園の運営の仕方や、認定こども園のメリット・デミリットについてぜひ話を聞きたい。」「特別支援教育について、ぜひ話を聞きたい。特に、個別の教育支援計画の作成について、幼稚園と小学校の連携について、特別な支援が必要な子どもへの対応の仕方や具体的な実践事例等について、ぜひ話を聞きたい。」など、来年度の講義内容についても多くの要望がありました。