1 趣旨  幼稚園等の運営管理や今日的課題等について研修を行い、園長等の識見を高め、資質の向上を図る。

2 主催  富山県・富山県教育委員会
 (主管) (富山県総合教育センター教育研修部)

3 日時  平成30年10月23日(火) 午後1時30分から午後4時30分まで

4 会場  富山県総合教育センター 

5 受講者 幼稚園等の園長又は主任教諭等(公、私、国)(公立は悉皆)

6 日程
  13:30~13:40 開会・諸連絡
  13:40~14:10 講義「幼稚園教育要領についてーカリキュラム・マネジメントー」
             講師  富山県教育委員会小中学校課 指導主事
  14:25~16:00 班別協議「カリキュラム・マネジメントについて」
                            指導助言者 東部教育事務所 指導主事
                                  西部教育事務所 指導主事
  16:15~16:30   閉講式

7 研修の様子
 講義では、「幼稚園教育要領から」「園におけるカリキュラム・マネジメントとは」「カリキュラムを作成していくためには」「カリキュラム・マネジメントを進めていくために」の4つの視点から、分かりやすく教えていただきました。次に、班別協議では、事前に提出した協議資料を基に、各園での取組について情報交換しました。最後に教育事務所指導主事から、協議内容を踏まえ、ご指導いただきました。
 受講者アンケートの一部を紹介します。
・「時間をマネジメントする」ことが、カリキュラム・マネジメントを進めていく上で大事なことの一つであることが改めて分かった。また、このキーワードが、次の班別協議での視点につながった。
・全教職員での話合いの時間がなかなか取れず、工夫しながら共通理解を図るように努めている園が多くあった。より質の高い、幼児に合った保育をしていくためには、全教職員の共通理解が大切だと改めて実感した。
・印象に残ったキーワードは、「園内研修の工夫」である。時間をマネジメントしつつ、限られた時間内で効果的に話し合うための工夫について情報交換できた。
・「地域性を生かした園づくり」という言葉が心に残った。各園では、特色あるカリキュラム、話合いの工夫がされていることを知った。園の実態に合わせて柔軟に対応していけるようになりたいと思った。