平成30年度 小・中学校及び県立学校教頭研修会(初任)第1回、第2回研修会について

1 趣   旨
 学校管理運営やその諸問題について研修を行い、教頭としての自覚と識見を高めるとともに、学校運営における管理・指導能力の向上を図る。

2 主   催
 富山県教育委員会(主管 富山県総合教育センター教育研修部)

3 受講対象者
 小・中・高・特別支援学校初任教頭89名
(小学校27名、中学校19名、高等学校32名、特別支援学校11名)

4 日   時
 第1回 6月26日(火) 13:30~16:30 小・中・高・特別支援学校初任教頭
 第2回 6月27日(水)   9:00~16:30 小・中・高・特別支援学校初任教頭

5 会   場
 富山県総合教育センター 大研修室382

6 講義・講師等
 (第1回研修)
  Ⅰ「全校で取り組む特別支援教育」
   ・講義 「特別支援教育からインクルーシブ教育へ」
    講師 新潟大学教職大学院 教授 長澤 正樹 先生
  Ⅱ「学校組織とマネジメント」
   ・講義 1「現代日本とマネジメント」
    講師 信州大学教職支援センター 准教授 荒井 英治郎 先生
 (第2回研修)
  Ⅱ「学校組織とマネジメント」
   ・講義 2「現代日本の教育政策と学校組織マネジメント」
       3「スクール・コンプライアンスと危機管理マネジメント」
       4「ストレスマネジメントの実践」
       5「ケース・メソッドの実践」
       6「学校ビジョンと学校改善」
    講師 信州大学教職支援センター 准教授 荒井 英治郎 先生

7 研修の様子
Ⅰ「全校で取り組む特別支援教育」
 講師の長澤先生から、特別な支援を必要とする児童生徒の特徴(発達障害特性等)や特別な場(特別支援学校、特別支援学級、通級指導教室)での指導の成果・課題について、具体的で分かりやすい説明をしていただきました。また、平成28年4月1日に施行された差別解消法や合理的配慮について詳しく説明していただきました。
 受講者からは、
・寄り添える相談相手、身近な支援者、頼れる肉親がいないという保護者は意外に多いので、校内連携を深め、相談の窓口として力を発揮したい。(小学校)
・合理的配慮では、本人の努力が不要であるという説明を聴いて納得した。これに対し、障害特性に応じた指導では本人の努力が必要であり、両者の違いを見極めながら確実な支援が進められるよう気をつけたい。(中学校)
・通常の学級での特別な教育では、障害によって区別するのではなく結果で区別することを保護者にきちんと説明できれば、合意形成につながることを学ぶことができた。(高等学校)
などの感想が寄せられ、特別支援教育への理解を深める研修となりました。
Ⅱ「学校組織とマネジメント」
 講師の荒井先生から、教頭におけるマネジメントを6つのテーマに分け、それぞれ演習を交え密度の濃い講義をしていただきました。
 受講者からは、
・当然が通用しないから非違行為が起こるという説明を聞き、管理職としての対応を考えていかなければならないと感じた。教職員の心の状態を把握する必要性を感じた。(小学校)
・学校の存在理由(ミッション)を明確にすることで、やらなくてはならないことが明確になることが改めて分かった。(高等学校)
・仕事の重要性、緊急性の判断、緊急時にスピーディーな対応をするための判断、どちらも日頃からの意識が重要だということを感じた。(特別支援学校)
といった感想が寄せられるなど、初任教頭としての基礎的・基本的素養が身につく実りの多い研修となりました。